ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > コーキングについて【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

コーキングについて【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

スタッフブログ豆知識外壁 2021.09.16 (Thu) 更新

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区、安佐北区、府中町、廿日市市、佐伯区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

 

今日は、コーキングについてお話します😊

 

コーキングとは

コーキングは、建築物において、気密性や防水性向上を目的として、隙間を目地材などで充填することです。

コーキング隙間に槙肌(まいはだ)を詰める、水漏れを防ぐ
 ※ 槙肌(まいはだ) :木の内皮を砕いて、繊維状にしたもの。舟や桶などの板の接ぎ目に詰め、
  水漏れを防ぐために用いられる。

コーキングとは、弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のことです。

コーキングの役割

サイディングボード、ACLパネルなどの外壁材は、工場で生産した建材を新築住宅工事現場まで搬入し、躯体壁面に張り付ければ外壁ができるのが特徴です。

コンクリートやモルタルを躯体壁面に満遍なく塗っていく左官工事より、工事が容易で、工期も短いことから、急速に普及しました。

これらの外壁材を隙間なく張り付けていくと、気温の変化による膨張で、外壁材が衝突して、破損してしまいます。

そこで一定の隙間を開けて壁面を張り付ける必要があります。

この一定の隙間「目地」にコーキング(シーリング)を注入することにより、防水性と耐候性の高い外壁が出来ます。

施工の流れ

 

シーリングとの違い

シーリング材は目地や隙間などに充填し、防水性や気密性を保持するために用いられるペースト状の材料です。

大きな違いはなく、呼び方が違うだけでどちらも同じものとして扱われています。

シーリング封をする、捺印する

 

コーキング自体も、紫外線や雨、風の影響で、経年劣化します。

劣化が進むと、ひび割れ、はくりなどが発生し、緩衝剤の役割を果たせなくなります。

そのためにも、コーキングの劣化具合は定期的に点検する必要があります。

 

 

 

✨✨✨ニムラでは、オープン4周年感謝祭イベント開催中です✨✨✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月1日(水)~30日(木)までやってまーす😄😄😄

感染対策をしっかりとして、皆様ののご来店をお待ちしております😊

この機会にぜひ、お家のことを相談してみませんか?

皆様のご来店、お待ちしてまーす!!

 

 

 

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

  広島市安芸郡府中町八幡3-22-28/府中店

廿日市市宮内859-4/宮内店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪