ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > 屋根塗装の縁切りについて【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

屋根塗装の縁切りについて【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

スタッフブログ豆知識屋根 2021.11.23 (Tue) 更新

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区、安佐北区、府中町、廿日市市、佐伯区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

 

タスペーサーという言葉を聞いたことありませんか?

タスペーサーとは、屋根の塗装の際に塗料が塞がないようにするための「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる板状の道具です。

縁切りとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程をさします。

従来は、塗装の後に1枚1枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという作業を行っていました。

 

縁切りの効果

雨漏りを防ぐ

スレートの屋根材は、表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。

屋根塗装をすることで、この溝を塗料で塞いでしまうことがあります。

そうすると雨水の逃げ場がなくなり、屋根下地の腐食、雨漏りに繋がるのです。

内部結露を防ぐ

結露は、物質の内側と外側の気温差が生じた時に発生します。

建物内の暖かい空気は天井を通して屋根裏まで上昇します。

屋根の外側は外気と接しているので、日中は熱さに、それ以外は寒さにさらされています。

屋根の内側が温まり、屋根の外側が冷えることで、結露が発生します。

縁切りで屋根に隙間を作らないと、屋根裏で内部結露した水分が溜まってしまい、中の断熱材や木材を腐食させてしまうのです。

 

タスペーサーを利用する屋根の種類はスレート(カラーベストやコロニアル)です。
他の屋根材では使いません。

11月1日から11月30日までのキャンペーンです😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

  広島市安芸郡府中町八幡3-22-28/府中店

廿日市市宮内859-4/宮内店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪