ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > 防水工事の種類について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

防水工事の種類について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

スタッフブログ豆知識外壁 2022.01.21 (Fri) 更新

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区、安佐北区、府中町、廿日市市、佐伯区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

 

今日は、防水工事の種類についてお話します😊

防水工事の種類

◎シート防水

シート防水は、塩化ビニルやゴム製の防水シートを施工箇所に固定していく防水工事です。

固定方法には、「密着工法」(専用の接着剤を用いる)、「機械固定工法」(専用の機械を用いる)があり、施工したい場所に合った工法を選びます。

シートを上から被せていくので、下地に影響されることなく施工を行うことができます。

耐用年数は、10~15年程度で、施工時間が短いといったメリットがあります。

 

◎塗膜防水

塗膜防水は、最近主流になりつつある防水工事です。

液状の原料を施工箇所に何度も重ね塗りしていきます。

密着性が非常に高いことから割れにくく、改修の際も再度塗り直すことが可能です。

主に「ウレタン防水」、「FRP防水」といった種類があります。

ウレタン防水は、現在国内の半分近く採用されている工法です。

比較的安価で、場所を選ばずに施工できます。

FRP防水は最近注目されている工法で、「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」を利用します。

耐久性や強度に優れており、バルコニーや屋上駐車場などでよく採用されています。

 

◎浸透性防水

浸透性防水とは、浸透性の高い材料をコンクリートの表面に塗りつけていく防水工事です。

調合した材料をコンクリートに塗ることで、ミクロな隙間に浸透していき、コンクリートしたいの防水機能を高める工法となっています。

コンクリートの劣化防止やひび割れの防止にも効果があるので、建造物の耐久性を高めてくれます。

 

 

 

 

 

 

大好評につき、1月末まで無金利ローンやっております!

 

 

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

  広島市安芸郡府中町八幡3-22-28/府中店

廿日市市宮内859-4/宮内店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪