ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > 外壁の劣化について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

外壁の劣化について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

スタッフブログ豆知識外壁 2022.06.25 (Sat) 更新

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区、安佐北区、府中町、廿日市市、佐伯区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

今日は晴れたり曇ったり。。。

いよいよ、梅雨入りでしょうか???

天候にも気を付けたいですね。

さて、今日は

外壁の劣化について

です。

 

壁の黒ズミにもさまざまな原因と対処方法がありますが、

今回は、ブリード現象について、原因と対処方法を紹介します!

こちらの写真のような黒ズミ、

みなさんのご自宅で見受けられることがあるかもしれません。

壁の目地がベタベタに・・・

ブリード現象の「ブリード」の語源は、

英語で「にじみ」を表す「Bleeding」。
外壁のコーキング部分に、灰色の汚れ、

黒ズミが出てきてベタついた状態になっていると、

ブリード現象が起きている可能性が高いです・・・

ブリード現象は、可塑剤(かそざい)という成分と塗料の反応が原因で発生します。
可塑剤とは、コーキング剤に含まれる添加物のことです。

シーリングに柔軟性を持たせるために、下地処理として使われます。

可塑剤の入ったシーリングの上に塗装をおこなったとき、

両者の相性が悪いものを使用すると、

反応が起き、約1~2年で可塑剤が塗装面へと溶け出してしまいます。
すると、成分が表面に滲み出て、塗装の変色、変質につながります。
気温の寒暖差によるサイディングボード等の膨張や収縮の動きに対応させるため、

シーリングの柔軟性は、大切な要素です。

ブリード現象が見られたら、外壁塗装業者にご相談ください

ここで登場するのが、外壁塗装業者。

ブリード現象が発生してしまったら、唯一の解決策は、

コーキングを打ち直すことです。
外壁塗装のブログだから、外壁塗装業者をオススメしたい!というわけではなく、

外壁塗装業者であれば、コーキングの打ち直し対応が可能、

かつ適切な判断をおこなうことができます。

お問い合わせはお気軽にヤネカベにむらまで!(^^)!

お待ちしております😀

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

  広島市安芸郡府中町八幡3-22-28/府中店

廿日市市宮内859-4/宮内店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪