ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > レントゲン現象って???【広島市 安佐北区 安佐南区 】

レントゲン現象って???【広島市 安佐北区 安佐南区 】

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区と安佐北区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

 

 

ニュースでは4月上旬の暖かさなど言われておりますが夜や早朝はまだまだ冷え込みますね、、

さてこの時期になると外壁でよく見かける光景があります。【外壁のレントゲン現象】です。

寒い日、建物の日が当たらない箇所でよく目撃することができる現象で、

外壁がまだら模様になり木造の骨の部分、柱や間柱や梁などが
レントゲン写真のようにくっきり浮きだすことを言います。

 

寒い日の朝、住宅などをみると目撃することもあると思います!

インターネットなどではこの現象が【内部結露!!ヽ(∴`┗Д┛´)ノ】や

【壁の中はきっと結露がすごいことになっているんじゃ、、】、などと書かれていることも多いです。

ひどいものでは【壁の中で水が漏れている】というような投稿を見かけたことがあります。

 

しかしこの現象は冬に見かけることが多いので、これは放射冷却による夜露が原因で外壁が汚れている!と私は思います!(´・艸・`;)

 

 

建物の外壁側には断熱材が入っております。

 

しかし重要な構造材(柱や筋交いなど)は欠点があり木造や鉄骨でも断熱材が壁だけの部分と比較してうすくなっているので、熱が通りやすい部分になっています。専門用語で「熱橋(ねっきょう)」と言われています。

 

熱橋の部分は、部屋の暖かい温度を外壁に伝えています。断熱材のある部分は伝わりにくいです。
熱橋の部分は温かいので夜露が付きにくく、熱橋が無い部分(筋交いなど)は放射冷却で外壁が冷たくなり夜露が付きやすくなります。

 

しかし、すべてのお家がこの現象だとは限らないので専門家の診断をおススメ致します!ε=ε=┏( ・_・)┛ 

 

冬だけではなく、夏場も結露した!という経験をしたことをある人も多いと思います!

実際、冬に結露するお家は夏場も結露をおこしやすい可能性があります!

そうしたらどうすればよいか!?

夏場の場合は冷房の温度を低くしすぎないようし外気温とできるだけ差をつけない事です!

ただ近年の夏は暑くなってきているので自分の体と相談しほどほどに、、

たかが結露と思っているとカビの発生などに繋がりますので対応はお早めに!!!

 

 

 

 

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪