ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識 > 屋根材の種類と特徴

屋根材の種類と特徴

豆知識 2018.08.25 (Sat) 更新

こんにちは!

広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベにむら 受付担当の柏です!

 

お盆も過ぎて少し暑さも和らいできましたね!

連日の猛暑のおかげ(?)で30℃程で涼しく感じるようになってしまいました(笑)

 

さて、今回は「屋根材の種類と特徴」ということで数回に分けて屋根材とその特徴をご紹介しようと思います!

それでは早速見て行きましょうヽ(’◇’*)

 

【金属系  屋根材の種類と特徴】

  • ガルバリウム鋼板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板は、よく金属名に間違われるのですが、日鉄住金鋼板株式会社の鋼板の製品名です。

ガルバリウムは塗装しなくてもいいという業者もいますが、劣化してくると塗装は必要です。

*メリット

軽量で建物の負担が少ないことから耐震性が高い

カラーバリエーションが豊富

様々なデザインがあり意匠性に優れている

一般的なタイプなら値段が安い

 

*デメリット

一般的なタイプだと断熱性と防音性が低い

 

グレードの高くなると断熱性と防音性が良くなってきます!

耐用年数は40年程度で、劣化してくると塗装が必要になってきます。

 

  • 銅板

*メリット

雨による緑青で腐食を防ぐ効果や耐久性が高くなる

塗装をしてもすぐに剥がれるので塗装での補修は必要ない

柔らかいので加工しやすい

軽量で地震に強い

耐久性も高くメンテナンスがいらない

*デメリット

高価で、施工できる業者が限られている

 

耐久年数は50~60年程度で、メンテナンスを怠らなければ耐久年数は100年にもなります。

 

  • トタン

*メリット

屋根自体の継ぎ目が少ないため雨漏りしにくい

素材が安い

施工が短い

*デメリット

見た目が安っぽい

耐久性が低い

雨などの音が響く

断熱性が低い

 

いかがでしたでしょうか?今回は金属系の屋根材をご紹介致しました。

屋根材を長く使うには、メンテナンスも大切です(*’∀’*)

点検、葺き替えをご検討の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装のことなら ヤネカベにむら にご相談ください!