ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識 > 外壁塗装の必要性・なぜ塗装をしなくてはいけないのか?広島市安佐南区の屋根リフォ…

外壁塗装の必要性・なぜ塗装をしなくてはいけないのか?広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

豆知識新着情報 2019.01.08 (Tue) 更新

こんにちは‼
広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!
いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

さて今回は!なぜ、塗装しなくちゃいけないの?

そんな疑問にお答えします!

お家は年中外にさらされています。雨の日も、風の日も、晴れの日も。夏には太陽の強い紫外線を浴び、台風時には強い雨風にあたっています。家の壁や屋根は、人間のお肌と同じなのです。きちんとお手入れをしてあげないと、傷んでくるのは当然ですよね。
そんなお家を長く守ってあげるために、「塗装」は必要不可欠なものなのです。



夏に日焼け止めを塗らないと、焼けて黒くなりますよね?

これは、軽い「火傷」の症状ですが、お家も同じです。しかも、お家は年中外にさらされています。

雨の日も、風の日も、晴れの日も。夏には太陽の強い紫外線を浴び、台風時には強い雨風にあたっています。           家の壁や屋根は、人間のお肌と同じなのです。きちんとお手入れをしてあげないと、傷んでくるのは当然ですね。お家はご家族の財産です。決して安い買い物ではありませんし、たくさんの想い出がお家の中に詰まっているでしょう。そんなお家を長く守ってあげるために、「塗装」は必要不可欠なものなのです。

そもそも塗装には、大きく分けて2つの役割があります。

①保護 ②美観 

 

1.物の保護
私たちの身の周りにあるほとんどのものは、時間が経つと変形してしまいます。金属は錆び、木は腐り、ブロックやコンクリートは風化してしまうのが自然の摂理です。また、海沿いでは塩水や強い紫外線、工場地域においては色々な薬品を含んだ排気ガスなどの影響で、腐食はさらに加速され大きなダメージとなります。塗料はこの様な自然現象や悪環境から「塗装されるものを守る」という働きをするのです。塗料を外壁の表面に塗ることによって、丈夫な膜をつくり、お家を保護します。お家を健全に維持していくために、塗装による表面保護は欠くことのできない手段となっています。

 

2.物の美観機能
塗装には、美しく見せたり物の値打ちを上げる美粧機能があります。例えば、年数が経ってお家の色あせた壁を塗装すると新築当時の美しさになります。また、お家の塗装でよく喜ばれるのが、1色だった壁をツートン(2色)の壁にすることです。今までの1色だったお家の印象ががらりと変わります。このように色彩や光沢、そして最近では立体的な仕上げなどで、塗装は「美しさ」を演出します。

まとめ

節約のつもりでリフォームを怠ると大損害!

確かに、外壁塗装は足場代だけでも20万円もしますし、工事全体となると、場合によっては100万円を超えることもあります。目先の支出だけでいえば非常に高いですよね。しかし、その100万円を節約のつもりでださないでいると、結果として非常に高い支出になるか、大きな損失になってしまうのです。

人間が歯医者に行くのと同じかもしれません。歯が痛いと感じられるぐらい重度で行くよりも、未然に防ぐために歯の清掃等が目的で行く方が治療費は安く済みます。

外壁や屋根の塗装工事も同じで、塗装工事で済む段階で工事をしておけば100万円ですんだのに、それを怠ったばっかりに、例えばシロアリ被害に遭ってしまった、水漏れで屋根自体葺き替える必要が出てしまった、家を建て替えなければならないレベルにまで劣化してしまっていた、なんてことは非常に良くあるのです。

様々なリフォームがありますが、外壁塗装に関していえば、やらないことは節約にはならないのです!

少しでも気になった方は
安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください!