ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識 > 外壁塗装業者選びのポイント(後編)広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門…

外壁塗装業者選びのポイント(後編)広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

豆知識新着情報 2018.12.25 (Tue) 更新

こんにちは‼
広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!
いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回も引き続き外壁塗装をする際の注意点などのご紹介です。

5.工事の工程をはぶくと数年で塗装がはがれる

ここまで何度か解説していますが、高圧洗浄、下地処理、養生など外壁塗装で必要な工程を省いて外壁塗装をできるだけ低予算でしようとすると、塗料がしっかりと外壁に密着せずに数年で外壁がはがれてしまうという失敗などを招く恐れがあります。

たとえば、外壁塗装の為の予算がないからといって、
2回しなくては行けない上塗りを1回しかしない
高圧洗浄を不要だと言って行わない。
足場代がもったいないからはしごや脚立で作業をさせる。
コーキング工事だけDIYでおこなうなどです。
このような事はさけ、業者さんにすべておまかせするようにしましょう。

相手が優良な外壁塗装業者であれば、色の希望などだけを伝え、工事の工程についてはその業者のやり方でやってもらうのが、塗料の寿命を十分に長引かせ、長い間外壁を保護する為に良い方法となります。

先ほどから何度か述べていますが、良い業者は家の状況をしっかりと確認し、周りなどの状況も把握しながら、適切に工事をおこないます。
客に必要以上のお金を請求し、不当に儲けるということはありません。
それなのに予算の都合といって素人判断で安く済ませようと思うと、塗膜がしっかり外壁に密着せずに数年ではがれるなど、せっかくの工事がもったいないことになってしまうでしょう。

また、悪徳業者、未熟な業者、手抜き業者は逆に「この工程は省くことでお得に出来る」などと、

そそのかしてくる可能性があるので、工事の工程に関してはしっかりと予習をしておきましょう。

6.低品質のものを使う施工は家の寿命が縮める

■グレードが低い塗料は寿命も短い

そこまで品質が高くないもの、たとえば、塗料のグレードで一番下に分類されるアクリル系塗料などを      使うという事です。
グレードは耐久性とほぼ比例するので、安くてグレードが低い塗料ほど耐久性は低いといえます。

一番人気があるのはシリコン塗料です。

確かにアクリル塗料よりは高額で、予算は多少上がりますがそこまで高くなるわけではありません。

しかし、耐用年数はアクリルの5年に対し、シリコン塗料は倍の10年~15年も持つのです。

そもそも使用塗料の代金が外壁塗装工事の全体に占める割合は2~3割ほどなので、そこが多少高くなったとしても、全体の工事費用にそこまで影響を及ぼす訳ではないので、予算とグレードを考えながら、フッ素、シリコンなど出せる範囲で出来るだけ長く外壁を保護してくれる塗料を選ぶようにしましょう。

とにかく予算を安く、と言う事で最も安価なアクリル塗料にしてしまうと、5~8年で塗装が劣化してはがれてしま

います。

外壁が守られている時間が短いということで、家はどんどん劣化していってしまうのです。

塗料の種類には、
フッ素樹脂塗料 シリコン樹脂塗料 ウレタン樹脂塗料 アクリル樹脂塗料
と様々ありますが、実際にほとんどの工事は10年~15年持つという長寿命でかつ費用がそこまで高くないシリコン系塗料が使われる事が多いです。

もちろん高品質なフッ素を使う事で外壁を長期間しっかり守ることができるので、家の寿命を延ばすことが可能です。
しかしフッ素はその分高額な塗料となります。

家の状況に合わせて適切な塗料を使用することが望まれますので、今現在の予算の状況を伝え、業者さんや専門家とどのような塗料を使うのかを相談しましょう。

しかし、悪徳業者や手抜き業者はしっかりと守れば高品質なものが出来ると分かっていて工事費用を安くするために手抜き工事をします。

そのような業者が作った低品質な塗料を外壁に塗っても塗りムラなどが出来てしまい、きちんと外壁を保護できません。
しっかり密着もしないので数年で剥がれてきたり、チョーキング現象が起こったりといった不具合があらわれます。

7.屋根だけ、外壁だけなどの「部分的な工事」は結局高くつく

外壁塗装を行う時は基本的には外壁、屋根と合わせて工事するのが一般的で、その方が足場代などをまとめることが出来るので安く済ませることができます。
逆に外壁だけの塗装、コーキングの交換だけで工事を終わらせようとすると、外壁塗装工事の為に足場を組み、屋根の寿命が来た時に屋根葺き替えの為に足場を組む必要があるので、単純に2倍の足場代がかかります。

外壁と屋根の塗装は出来れば同じ時期におこなうようにしましょう‼

20万円ほどする足場代が一度ですむのでかなりの予算を節約する事が可能です。‼

8.知識がない状態でのDIYは命の危険すらある


予算の都合で、外壁塗装の全て、もしくは一部をDIYしようとする方は多いです。

しかし、外壁塗装工事はプロの外壁塗装業者が毎日何人も作業を行い、足場の設置、高圧洗浄、下地処理、塗装作業を手分けして行う事で効率良く作業できているのであって、DIYで素人が一人、もしくは二人といった少人数でできるほど、簡単なものではありません。

プロなら2週間で終わる工事が、素人で少人数でやるなら三ヶ月~半年以上の時間がかかりますし、プロなら10年もつ塗装が、素人が塗ることで塗りムラが発生し数年後にもう一度塗らなくてはならないなど、メリットは安く外壁塗装を済ませられるという事以外ほとんどありません。
定年退職等をして毎日が本当に暇な方か、塗装会社などに勤務しており、塗装の知識が豊富な方、そして塗装が趣味という方以外は絶対に安易なDIY塗装はおこなわないようにしましょう。

ちなみにそれまで塗装をやったことがない方の場合、刷毛、バケツ、ローラー、塗料、マスキングテープ、養生シート、足場など全てを自分でそろえなければならないので、安さというメリットもない可能性があります。

また現役の外壁塗装業者の職人でさえ、塗装工事中に安全対策をおこたり足場から落下する
足場を持ちながら電線に接触するなどの死亡事故が起こることもあるぐらい               塗装工事は危険がたくさん伴う作業なのです。
低予算で外壁塗装を済ませたいという気持ちはよく分かるのですが、安易にDIYをしようとするのは辞めましょう。

まとめ

外壁塗装は一度の出費としては非常に高額で、できるだけやすくしたいという方が多くいらっしゃいます。

しかし、安全性や品質の高い工事にするため、ある程度の予算は必要で、はぶいてしまうと返って損をしてしまう可能性が高いのです。

少しでも気になった方は
安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください!