ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 【サイディングの特徴】安佐南区屋根リフォーム&外壁塗装専門店ヤネカベ にむら

【サイディングの特徴】安佐南区屋根リフォーム&外壁塗装専門店ヤネカベ にむら

2019.09.17 (Tue) 更新

みなさんこんにちは!
広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむらブログ担当の岩男です!
いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

サイディング外壁の塗装の基礎1:塗装の必要性

サイディング外壁というのは、工場で作られた板状の外装材であり、これらを建物の外壁面に取り付けることで、お家の外装が作られていきます。

しかし、どんなに耐久度の高いサイディング外壁であっても、紫外線や雨風など自然環境が与えるダメージを常に受けているため、数十年と経てばサイディング外壁自体の劣化や、施されている塗料の効果切れなどを起こし、ダメージをサイディング外壁だけでなく、建物の内部へと浸透させ、寿命を短くさせます。

そのため、サイディング外壁を守るための保護材、つまり塗装を施す必要があるんです。

サイディング外壁の塗装の基礎2:劣化の症状

サイディング外壁の塗装の2つ目は、劣化の症状です。

サイディング外壁は、塗装の剥がれ・サイディングの反り・塗装の膨れ・目地シーリングのヒビ割れなど、年月が経つと様々な要因から劣化の症状が表れてきます。

あなたのお家のサイディング外壁に、どんな劣化が表れているかを確認の意味も込めて、当てはまるものがあるか見ていきましょう。

サイディングの劣化 詳細
サイディング外壁の塗装の劣化
色あせ 紫外線や雨風など、自然環境が発生させるダメージを常に受け続けているので、最初はキレイな色だったとしても、だんだん薄くなり色あせが発生します。色あせがしてきたら、塗り替えを行う時期に差し掛かってきたと言えます。
ヒビ割れ 塗装の耐久度が無くなると、ヒビ割れが起こるようになります。施工不良や地震など振動が多い場合もヒビ割れが起きやすいです。ヘアークラックと呼ばれる薄いヒビ割れから、構造クラックと呼ばれる深い亀裂が入るものまであり、ヒビ割れの深さや大きさによっては、早めの補修が必要となります。
塗装の剥がれ(剥離) 塗装の耐久度が無くなると、塗装(塗膜)の剥がれが起きます。耐久度の問題だけでなく、施工不良が大きく関係しています。塗装工事は手抜きや不正がしやすく、施工不良によって剥がれるケースが多いため、安心できる業者を見つけて塗装をしてもらうかが成功するカギになっています。
膨れ 洗浄後のサイディングや、塗装後のサイディングを十分乾燥させなかったり、湿気など残したままにすると、太陽の日差しによって残った水分が暖められることで、塗装(塗膜)が膨れてしまいます。他にも、きちんとサイディングの洗浄をせずに汚れを残したままにすると、汚れの残りカスが影響して塗装が膨らんだような症状がでてしまいます。膨れは施工不良や合わない塗料を使用してしまったことによる発生が多いため、塗装業者のミスであることが多いです。
チョーキング 塗装の耐久度が無くなると、塗料が形状を保てなくなり、塗料に含まれている顔料(色付けのためのもの)といったものが粉状となることで起る劣化です。チョーキングが起きたサイディング外壁を触ると、手に粉状のものが付くので、すぐに確認ができます。塗料の耐久度は経年劣化、年月が経つとともに起ることが多い劣化のため、チョーキングが起きたら塗り替えの時期と言えます。
カビ・藻・コケ 日の当たらない部分や、お家の周りに植物が多い環境だと、カビ・藻・コケなどがサイディング外壁に繁殖しやすいです。カビなどは人体に影響を与えることもあるので、早めに洗浄をしてキレイにするのがオススメです。あなた自身で落とせるレベルのものであればいいですが、サイディング外壁全体に広がってしまっている場合は、塗装の効果が失っている時期ともいえるため、サイディング外壁の塗り替えも考えましょう。
サイディング外壁自体の劣化
サイディング外壁のヒビ割れ サイディング外壁に施した塗装(塗膜)ではなく、サイディング外壁自体のヒビ割れが起こっている状態です。見た目だけでは、サイディング外壁自体のヒビ割れか分かりづらいため、きちんと専門業者に調査を依頼する必要があります。もし、サイディング外壁自体のヒビ割れであった場合、雨漏りの原因(一次災害)となるだけでなく、雨漏りが原因で発生するカビ・シロアリ(二次災害)などの被害も起る可能性があるため、早めに確認をしてもらいましょう。
サイディング外壁の反り 塗装の耐久度が無くなってしまったり、目地シーリングのヒビ割れなどから、雨水が侵入しサイディング外壁に水分を含んだ状態になります。日中の日差しや外気でサイディング外壁外側の水分は乾燥してしまうが、内側はそのままという状態となり、外側と内側でズレが生じて片方は伸びてしまい片方がそのまま。このようにサイディング外壁の反り(歪み)が起る場合があります。このままだと、雨水を防げないため、早めの補修が必要です。
凍害(とうがい) サイディング外壁に水分が含んだ状態が続き、その水分が気温などによって冷やされたり温められたりすることで、水分が膨らんだり収縮することでサイディング外壁が次第に劣化していく現象です。
サイディング外壁の目地の劣化(サイディングの間の隙間)
シーリングのヒビ割れ シーリング(ゴム材)は、充填(注入)した際には、キレイな状態を保てていますが、年月が経ったり紫外線や雨風など自然環境のダメージを受けることで、ヒビ割れがしてきます。割れた隙間から雨水が侵入すると、サイディング外壁の劣化を早めるため、早めの補修が必要です。
シーリングの肉やせ サイディング外壁の隙間でピッタリと隙間なく入っているシーリングですが、劣化が進むと細くやせ細ってしまい、隙間を作ります。隙間から雨水の侵入も発生するため、早めの補修が必要となります。
シーリングの剥がれ 目地の下地とシーリング材との密着度が薄いと、そのままシーリングが剥がれてきてしまいます。剥がれるとシーリングの役割を何も果たせなくなるため、早めの補修が必要となります。

サイディング外壁で必ず知って起きたいのが、シーリングの劣化!

自宅の外壁がサイディングである事はわかっている方も多いですが、シーリングの事は知らない方は多くです。

シーリング(コーキング)とは、サイディングボードを外壁に取り付けると、サイディングボードの間に必ず隙間ができてしまうのですが、その隙間から雨水が侵入すると雨漏りの原因にもなるため、隙間を埋める為にシーリングと呼ばれるゴム材を注入します。

このシーリングの劣化が起こると、雨漏りを発生させ、建物全体の寿命を短くする事にも繋がるので、サイディング外壁の塗装だけでなく、シーリングの劣化にも十分注意をして見ていかなくてはいけません。

サイディング外壁の塗装の基礎3:種類・塗料

サイディング外壁は各外壁メーカーがたくさんの種類を出しているので、一つ一つ覚えるのが大変です。

サイディング外壁の種類と塗料の違いもセットで覚えてもらう事が、サイディング外壁の3つ目の基礎となります。

サイディング外壁の種類

サイディング外壁はたくさんの種類があるので、大きく分類分けをしてみました。

それぞれ特徴があるので、見分け方も一緒に覚えておくと便利です。

サイディング外壁の種類 メンテナンス周期 詳細
窯業系サイディング 7~8年 セメントや砂といったものが混ぜ込んで作られた外壁用の素材です。コンクリートに近いイメージの外壁です。新築時に一番使われるのも窯業系サイディングなので、あなたのお家のサイディングも、窯業系の可能性があります。
縦目地だけの場合であれば、窯業系の可能性が高いです。
金属系サイディング 10~15年 ガルバリウムやアルミなどの金属で作られた外壁用の素材です。金属加工がしやすいのでおしゃれなものなど工夫を凝らしたものが多いのが特徴です。
縦目地だけでなくサイディングの角の部分に金属を保護するカバーなどがあると、金属系サイディングの確率が高いです。
木質系サイディング 8~12年 木材が持つ味わいや自然を感じる外壁で、木材をそのまま加工し表面に特殊な処理を施す事で、外壁として耐えられる素材となっています。しかし、もともと木材なので、きちんとメンテナンスをしなければ劣化も早く、こまめなメンテナンスが必要となります。
樹脂系サイディング 10~20年 塩化ビニル樹脂といった原料を元に作られた外壁用の素材です。耐久性や耐候性などに優れている他、軽さも魅力の一つです。しかし、塩化ビニル樹脂を原料としているため、費用も高く見た目の種類もあまり無いため、お家のデザインを気にしないでメンテナンス重視を考えた場合は、非常にあなたの味方になってくれるサイディング外壁になります。

各サイディング外壁のメンテナンス周期について

サイディング外壁はメンテナンスフリーなどと言われる事がありますが、それは間違いです。

どんなに良いサイディング外壁であっても、劣化というものが起こるので、いずれはメンテナンスを行わなくてはいけません。

メンテナンスフリーではなく、どのサイディング外壁であっても、メンテナンス周期があることをあなたには覚えておいてもらいたいです。

また、サイディング外壁の状態は、道路の側・海が近い・近くに植物がある・日陰になっているといった、お家ごとでも劣化の進み具合が異なるので、きちんと専門家に見てもらう必要があります。

次回もサイディングのお話をさせていただきます!次回もお楽しみに(^^♪

 0120-152-126
広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にご来店・お電話下さい。