ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > スタッフブログ > 屋根の部位別の劣化について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市…

屋根の部位別の劣化について【広島市 安佐北区 安佐南区 府中町 廿日市市 佐伯区】

スタッフブログ豆知識屋根 2021.07.01 (Thu) 更新

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむらみなさん

こんにちは!

広島県広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム専門店ヤネカベにむらです!

広島市安佐南区、安佐北区、府中町、廿日市市、佐伯区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

 

 

7月3日(土)・4日(日)は

大町ショールームでお待ちしてまーす😄😄😄

 

 

 

 

 

 

 

今日から7月です。

早いもので2021年、折り返しです↩

 

今日は屋根の部位別の劣化のお話です😊

同じ素材でも、部位によって劣化の仕方は全く異なります。

部位ごとの特徴もしっかりおさえておきましょう☝

 

 谷板金の劣化                                 

繰り返し雨水を受け取める屋根の谷は、傷みが多い部位の一つです。

谷には板金が貼られているのが一般的で、この板金の寿命は

15~20年ほどです。

現在、築20年以上は経っているお家は、谷板金をチェックしましょう😊

 

 瓦の劣化(剥がれ)                          

瓦の寿命は30年以上と比較的長いです。

ただ、築年数が経ったお家や、風の強い日や台風の翌日などは家の周囲を

チェックしておきましょう😊

その時、瓦の破片が地面に落ちていたら、割れや剥がれがある証拠です。

出来れば、屋根全体を見渡して、他にズレや剥がれがないかをチェックしておきましょう。

 

 スレート屋根の塗装劣化                       

スレート屋根の寿命は15年ほどです。

経年によってコケが生えやすいです。

特に北側の屋根や近くに林などがある家は注意が必要です。

全体的に色があせ、表面にコケや剥がれが見られたら、

塗装をし直すか、張替えのサインです。

また強い風が吹いた時などは剥がれていることもあるので、

確認しておきたいものです。

 

 棟土・漆喰の劣化(崩れ)                       

屋根の棟を支え、接着剤の役割をしている漆喰の寿命は

15~20年どです。

この漆喰がボロボロと崩れ始めると、内側の赤土に

雨水が染み込み、その赤土も崩れ始めます。

この時に台風や地震があると、さらに剥がれてしまうことがあります。

場合によっては、棟全体をやり替えが必要になるケースも出てくるので、

注意が必要です。

 

屋根の部位別の劣化のお話でした(^O^)

 

 

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました!

まずは、無料で診断しませんか?

↓↓↓無料でお見積り依頼はこちら↓↓↓

無料お見積り、無料診断はこちら

↓↓↓ショールームにご来店でQUOカードプレゼント↓↓↓

ショールーム来店予約はこちら

↓↓↓完成イメージ知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご覧ください↓↓↓

高評判高満足度の施工事例はこちら

 

 


広島県広島市外壁塗装&屋根塗装&屋根リフォーム工事なら

ヤネカベニムラへ

広島市 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム ヤネカベにむら

0120-152-126

 

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
    広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

  広島市安芸郡府中町八幡3-22-28/府中店

廿日市市宮内859-4/宮内店

 

屋根工事・外壁塗装工事に関するご相談はお気軽にWEB予約・ご来店・お電話下さい(^^♪