ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識 > 天窓の特徴 part4 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外…

天窓の特徴 part4 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベにむら

豆知識新着情報 2018.10.20 (Sat) 更新

 

 

 

こんにちは

広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベにむら 

受付担当の川地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近本当に寒くなってきましたね!

あっという間に

冬が近づいて来ている感じがします😁

 

私は冬が季節の中で1番好きです。

 

寒いですが、

皆さん体調崩れには十分お気をつけ下さいね!

 

 

 

 

さて

 

今日お話しさせて頂く内容は…

雨漏りが発生しやすい天窓と最新の天窓について

お話しさせて頂きます!

 

 

 

雨漏りが発生し易い天窓の特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏りが発生しやすい天窓があります。

 

ずばり

 

作り付け天窓です!

 

今より35年ほど前の天窓は大工さんが材料を取り揃えて

造作する事がスタンダードでした。

天窓=大工工事の時代です。

 

大工さんは天窓の造作を専門に行っている訳ではありませんし、

造る数も限られています。

 

水の流れを読んだり、

雨漏り対策に対する技術も豊富ではありません。

 

当然、既製品に比べると耐久性能で劣ります!

 

天窓の需要が高まり、

25年程前からメーカーによる既製品が流通するようになりました。

 

これにより、造作の天窓に比べて、

既製品の雨漏りに関する相談件数は大きく減少しました。

 

それでも、

 

天窓は屋根に穴を開けて採光を取るので、

雨仕舞の点では問題が発生しやい部位である事には

変わりありません

 

 

 

 

 

 

天窓を製造しているメーカーが激減

 

 

 

 

 

 

 

天窓は察すメーカーが企画し、販売していましたが、

現在ではほとんどの会社が製造を撤退しています。

 

 

因みに…

 

 

 

撤退した天窓メーカーさん達  ↓

 

松下電工 ・トステム ・新日軽 ・三協立山

YKKAP 不二サッシ ・三和シャッター

文化シャッター ・旭硝子 ・明治アルミー

 

etc……!

 

 

 

 

 

 

 

最新の天窓

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に天窓メーカー数は激減しましたが、

天窓の品質アフターメンテナンス等のサービスは向上しています。

 

 

【昔の天窓と現在の天窓の違い】

 

 

⑴トリプル防水構造で雨漏りリスクの改善

⑵透明性の高い強化ガラス

⑶遮熱性・遮音性・UVカットの向上

⑷高い防汚機能

⑸雨をセンサーが感知し自動閉扉(電動)

⑹ブラインドを閉めていても通気可能

⑺無線リモコン操作

⑻配線のいらないソーラータイプ

 

 

等があげられます!

こうしているうちにも日々進化していっています!

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

以上で今回のお話しは終わりになります!

 

次回は「天窓の寿命とメンテナンス」について

お話しさせて頂きます!

 

 

 

 

今回も最後まで呼んで頂きありがとうございました!

次回も宜しくお願い致します!

 

 

 

 

少しでも気になった方は

安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装は ヤネカベにむら にご相談ください!