ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

カテゴリーでフィルター

【意外と知られていないシーリング材の種類】広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店ヤネカベ にむら

みなさんこんにちは!広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。   今回はシーリング材(コーキング)についてのお話です。 シーリングとは構造物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填(じゅうてん)する材料の事をいいます。 他にも用途として外壁・屋根のひび割れの補修、部材の端末処理まで非常に広い範囲で使用されています。 シーリング材にはいくつかの種類があります。 シリコン、変成シリコン、ウレタン、アクリル、ポリサルファイドなどです。 シーリング材の特徴はそれぞれ異なり、特徴によって使う場所や用途も異なります。 今回はシーリング材の種類別の特徴について簡単に説明したいと思います。   シリコン シリコンはコストパフォーマンスに優れており、ホームセンターでも一般的に売られています。しかし注意が必要なのが、シリコンを充填してしまうとシリコンオイルという油みたいなものが常に出続ける為、その上には塗装できません。ただし、専用プライマーを塗布すれば塗装可能な場合もあります。 コストパフォーマンスが優れてるがゆえ、ご自分で施工するオーナーさんが外壁補修等で使いがちです。 上記で説明したとおり、シリコンの上には塗料が塗れませんので、塗装屋は1回シリコンを撤去しないといけないという手間がかかってしまい、量によっては撤去代がかかってしまう場合がありますので注意が必要です。 シリコンの主な使用場所 ・ガラス廻り ・キッチン廻り ・浴槽廻り メリット ・耐久性に優れている ・比較的価格が安い ・密着性に優れていてプライマーなしでも施工できる ・乾燥が早い デメリット ・上に塗料が塗れない ・シリコンオイルにより周囲が汚染する ・2液タイプは硬く使用しづらい    変成シリコン シリコンと名前が付いてますが、上記のシリコンとは別物です。 硬化後はシリコン系のシーリング材と違い塗装可能ですが、塗料により若干、はじき・ベタツキが発生することもあります。 耐候性にはシリコン系程ではないがよく、周辺の非汚染性にもよい特性があります。 また、柔軟性がありムーブメントの大きい金属類への使用も可能な材料です。 サイディング仕様の家の目地に使われているシーリング材はほぼ変成シリコンです。 どこに何のシーリング材を使って良いかわからない場合はこの変成シリコンを使用するのが一番無難といえます。 変成シリコンの主な使用場所 ・一般建築物の内外装の目地、サッシ廻りなど ・モルタル、コンクリートの目地およびクラック(ひび割れ)、タイル目地など ・各種屋根材、各種金属の目地、接合部のシールなど メリット ・使用用途が幅広い ・上に塗料が濡れる(ウレタンには劣る) ・周囲の汚染が少ない デメリット ・シリコンに比べると価格が若干高い ・プライマーが必要 ・上に塗る塗料によりはじき・ベタツキが発生する場合がある  ウレタン 耐久性の高いシーリング材の一つです。硬化後はゴム弾力性を持ち、クラック補修や目地の補修に使用されます。ただし、紫外線に弱いので露出目地やガラス廻りには使用できません。 ウレタンは紫外線に弱く、充填しそのままの状態ですと、劣化しホコリを吸い付けてしまい汚れやすいため、塗膜で被せる場合に使用します。 ノンブリードタイプのものもあり、塗装後の汚染が少ないといえます。また、アルコールと反応すると硬化不良が発生するので、アルコール類を発散させる材料やシリコン系シーリング材との同時使用は不可です。. あらかじめ上に塗料を塗る事が決まっていれば変成シリコンよりウレタンを選択した方がよい。 ウレタンの主な使用場所 ・一般建築物の内外装の目地、サッシ廻りなど(充填後、塗装が必要) ・モルタル、コンクリートの目地およびクラック(ひび割れ)、タイル目地など(充填後、塗装が必要) ・ウレタン防水などの端末シールや下地処理 メリット ・耐久性が非常に高い ・上に塗料が濡れる ・変成シリコンに比べると比較的価格は安い ・上に塗装後、汚染がすくない デメリット ・紫外線に弱く露出できない(充填後、塗装が必要) ・充填後、シーリング材が痩せる  アクリル 硬化すると弾性体になり湿った箇所にも使用可能です。主に新築時のALCのパネル目地などに使用されますが、耐久性がありません。塗装可能ですが、リフォーム等ではほとんど使われません。 アクリルの主な使用場所 ・モルタル、コンクリートの目地およびクラック(ひび割れ)、タイル目地など ・ALCのパネル目地など メリット ・上に塗料が塗れる ・湿った箇所でも施工可能 デメリット ・耐久性が少ない ・充填後、シーリング材が痩せる ・ニーズが少ない ポリサルファイド 耐熱性は変成シリコーン系程ではないがよく、表面にゴミ、ほこりが付きにくい特性があ ります。一方柔軟性があまり無くムーブメントの大きい金属類への使用には適さない材料です。 また、仕上げ材により塗料を変色・軟化させることがあるため、表面に塗装する場合には、汚染防止処理を行う必要です。 ポリサルファイドの主な使用場所 ・一般建築物の外装のタイル目地、サッシ廻りなど ・カーテンウォールや石目地等 メリット ・耐久性が良い ・表面にゴミ、ほこりが付きにくい デメリット ・上に塗料を塗ると変色、軟化させる場合がある ・建物の追従性に弱い ・匂いが臭い ヤネカベ にむらではお客様のお家・施工箇所に合ったシーリング材を選んで施工させて頂いています! 少しでも気になったら、 安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらに是非!ご相談ください! (2019.03.19 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報
<ヤネ>職人紹介 part1

<ヤネ>職人紹介 part1

みなさんこんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます 今回は、 「ヤネカベ にむら」に在籍する 職人の紹介をさせて頂きたいと思います。 初回は、 岡本 博徳(おかもと ひろのり)(以後 岡本) を紹介させて頂きます。 岡本は、見た目こそ定年後のセカンドライフを満喫されている方に 見えてしまうかもしれませんが、実際は定年を迎えていない現役の瓦職人です。 普段は、テレビを見て覚えた歌を口ずさんでいる陽気なおじさんです。 また、職場を和ませる事を忘れないおじさんでもあり、随所で放屁をし現場を和ませます。 ただ、仕事になると陽気な事に変わりはないのですが 他職人に対して問題点の指摘をするおじさんに変わります。 特に和瓦の葺き替えで見せる仕事に対する姿勢はとても真摯で見習うべき 事であると感じます。 そんな岡本ですが 週末は、趣味の○○○○を毎週ほぼ欠かさず実施しています。 (結果はいつもアレですが・・・) 本人は、毎週とても楽しい時間を過ごしているみたいですが もう少し遊び方を考えたほうがいいと思いますけどね・・・ ご縁があり、弊社がお宅の屋根工事を担当させて頂く事になった際 屋根から甲高いおじさんの歌声が聞こえてきたら 岡本が元気に作業しているんだと思って頂けると幸いです。 (2019.03.16 更新) 詳しく見る
スタッフブログ新着情報

ショールーム紹介!広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

みなさんこんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。   ヤネカベ にむらでは気軽に屋根工事・外壁塗装工事の相談ができるショールームを展開しております! 今回は長楽寺ショールームについてご紹介します! ショールームの前が駐車場になっていますので、お車でお越しの際にはこちらか 建物の右隣の駐車場を、ご利用ください。     営業時間は平日・土日・祝日10:00~19:00となっております。 来店予約無しでも大丈夫なので気軽にご相談に来てください! 【スタッフ紹介コーナー】 ご来店の際はぜひ私達のプロフィールをご覧ください! なにか共通点が見つかるかもしれません!(笑)     塗料の色見本や瓦・屋根材・屋根模型など多数展示しています、 見て・聞いて・触って【体感】して頂けるショールームになっています!     先日の初売りイベント時の商談風景です。   いかがでしたか?普段からこんな感じで営業させていただいてます! 増税前に屋根の葺き替え・外壁塗装を検討中でしたら、1度気軽にご相談にいらして下さい! 増税前ギリギリだと工事が間に合わなくなる恐れがでてきます。 余裕を持って問合せや検討の期間を取る事をおススメします!      安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらに是非!ご相談ください!                                                                            (2019.02.19 更新) 詳しく見る
スタッフブログ新着情報

外壁塗装の下地処理とは?広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

こんにちは‼広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます!   外壁塗装の下地処理とは?どんなことをするの?   下地処理とは? 外壁塗装は、単に古くなった外壁の上から塗料を塗って終わり、というわけではありません。外壁は常に風雨にさらされています。ですから、当然汚れもついていますし、外壁自体もいたんでいる可能性があるのです。それらを無視して上から塗料を塗ってしまえば、すぐに塗膜が剥がれてしまいます。つまり、下地処理とは塗料を塗るまでに絶対にやっておかなければならない処理の総称です。この下地処理を丁寧に行っていれば、塗装はより長持ちするでしょう。では下地処理の種類をより詳しくご紹介していきます。 高圧洗浄 高圧力の水をかけて外壁の汚れを落とします。水を高圧で吹きつければ、洗剤を使ったりこすったりしなくても汚れが落ちるのです。外壁につく汚れは、塵や埃、土以外にも、カビやコケなどがあります。これらをすべて落とさなければ塗り直しはできません。   補修 築年数がたった建物は、外壁自体がいたんでいることも珍しくありません。特に「クラック」といわれるひび割れは、木造モルタルの住宅によく発生します。これをシーリング材などで埋めます。クラックの痛みが進行して行くと最悪の場合              モルタル外壁が剥がれ落ちる事もあります。                                                                              サイディング外壁の場合も同様に剥がれ落ちる事があります。                                      10年前のサイディングになると同じデザインの商品が無い可能性が高いので                部分交換した場合は既存の柄と同じにならないデメリットもあります。                                                     どの程度補修や修理が必要なのかは、実際に外壁を見てみなければ分かりません。定期的なメンテナンス・診断を行う事で無駄な出費を抑える事ができます。   シーリング部分の補修【外壁部分】 シーリングの写真外壁がサイディングやALCの場合、目地に使われているシーリング部分にヒビ割れ、剥がれなどの劣化が出てきます。劣化状況により、打ち増しと交換のどちらかの方法で補修します。         その他、窓周りのシーリングにも同様の補修をします。 モルタル外壁とサイディング外壁のメンテナンスの大きな違いはこのシーリングの部分になります、      シーリングの交換が必要なサイディング外壁の方が単純に費用が高くなります。 左官補修 モルタル外壁が下地から浮いてしまっていると処理せずに塗装しても意味がありません。            浮いている箇所は塗装する前に1度落としてから左官してモルタルを復旧する必要があります。        長い間メンテナンスをしていないモルタル外壁は要注意です!   下地処理は時間とお金がかかる さて、どうでしょうか?下地処理にはいろいろな方法があることがお分かりいただけたと思います。外壁は常に風雨にさらされている場所です。ですから、家の中では水回りと同じくらい痛みやすい場所といえます。また、下処理を丁寧に行おうとするほど時間とお金がかかるのです。外壁塗装を請け負っている業者の中には、この下処理をできるだけ簡略化することで、安く外壁処理を請け負うところもあります。しかし、ここまで記事を読まれた方はお分かりだと思いますが、下地処理を怠ればいくらよい塗料を使って外壁塗装を行ったとしても、耐久性は低くなります。下地処理を怠るということは、スキンケアをせずに厚化粧をするようなものです。いくら高価な化粧品を使っても、元の素肌が荒れていると映えませんよね。 今回は、外壁塗装の下地処理についてご紹介しました。一般的に築年数がたった家ほど下地処理に時間がかかります。また、外壁塗装は屋外作業です。そのため、雨が降ると仕事にならないこともあります。今年は消費税が10%になります、外壁塗装をお考えでしたら工期など余裕を持って依頼する事をおススメします!      少しでも気になった方は安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください! (2019.01.22 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報

イベント告知‼広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

あけましておめでとうございます。屋根・外壁塗装専門店 ヤネカベ にむらです。 本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 さて、年始は7日より通常営業を行っておりますが、 1/19日(土)、1/20日(日)  各10:00~17:00長楽寺ショールームにて開催‼ 増税前!!【初売りまつり】を行います!!   ガラガラ抽選・サイコロゲーム・お子様限定お菓子つかみどり・うどん&ぜんざい のご来場特典をご用意してお待ちしております‼ ぜひご家族で遊びにいらしてください! 今年の10月には消費税10%が適応されます・・・。 増税前に屋根工事・外壁塗装をお考えでしたら、是非ご相談下さい‼ 現在春以降のご予約をたくさんご依頼いただいている状況です。 スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております‼ (2019.01.18 更新) 詳しく見る
イベント情報新着情報

外壁塗装の必要性・なぜ塗装をしなくてはいけないのか?広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

こんにちは‼広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます!   さて今回は!なぜ、塗装しなくちゃいけないの? そんな疑問にお答えします! お家は年中外にさらされています。雨の日も、風の日も、晴れの日も。夏には太陽の強い紫外線を浴び、台風時には強い雨風にあたっています。家の壁や屋根は、人間のお肌と同じなのです。きちんとお手入れをしてあげないと、傷んでくるのは当然ですよね。そんなお家を長く守ってあげるために、「塗装」は必要不可欠なものなのです。 夏に日焼け止めを塗らないと、焼けて黒くなりますよね? これは、軽い「火傷」の症状ですが、お家も同じです。しかも、お家は年中外にさらされています。 雨の日も、風の日も、晴れの日も。夏には太陽の強い紫外線を浴び、台風時には強い雨風にあたっています。           家の壁や屋根は、人間のお肌と同じなのです。きちんとお手入れをしてあげないと、傷んでくるのは当然ですね。お家はご家族の財産です。決して安い買い物ではありませんし、たくさんの想い出がお家の中に詰まっているでしょう。そんなお家を長く守ってあげるために、「塗装」は必要不可欠なものなのです。そもそも塗装には、大きく分けて2つの役割があります。 ①保護 ②美観    1.物の保護私たちの身の周りにあるほとんどのものは、時間が経つと変形してしまいます。金属は錆び、木は腐り、ブロックやコンクリートは風化してしまうのが自然の摂理です。また、海沿いでは塩水や強い紫外線、工場地域においては色々な薬品を含んだ排気ガスなどの影響で、腐食はさらに加速され大きなダメージとなります。塗料はこの様な自然現象や悪環境から「塗装されるものを守る」という働きをするのです。塗料を外壁の表面に塗ることによって、丈夫な膜をつくり、お家を保護します。お家を健全に維持していくために、塗装による表面保護は欠くことのできない手段となっています。   2.物の美観機能塗装には、美しく見せたり物の値打ちを上げる美粧機能があります。例えば、年数が経ってお家の色あせた壁を塗装すると新築当時の美しさになります。また、お家の塗装でよく喜ばれるのが、1色だった壁をツートン(2色)の壁にすることです。今までの1色だったお家の印象ががらりと変わります。このように色彩や光沢、そして最近では立体的な仕上げなどで、塗装は「美しさ」を演出します。 まとめ 節約のつもりでリフォームを怠ると大損害! 確かに、外壁塗装は足場代だけでも20万円もしますし、工事全体となると、場合によっては100万円を超えることもあります。目先の支出だけでいえば非常に高いですよね。しかし、その100万円を節約のつもりでださないでいると、結果として非常に高い支出になるか、大きな損失になってしまうのです。 人間が歯医者に行くのと同じかもしれません。歯が痛いと感じられるぐらい重度で行くよりも、未然に防ぐために歯の清掃等が目的で行く方が治療費は安く済みます。 外壁や屋根の塗装工事も同じで、塗装工事で済む段階で工事をしておけば100万円ですんだのに、それを怠ったばっかりに、例えばシロアリ被害に遭ってしまった、水漏れで屋根自体葺き替える必要が出てしまった、家を建て替えなければならないレベルにまで劣化してしまっていた、なんてことは非常に良くあるのです。 様々なリフォームがありますが、外壁塗装に関していえば、やらないことは節約にはならないのです! 少しでも気になった方は安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください! (2019.01.08 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報

外壁塗装業者選びのポイント(後編)広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

こんにちは‼広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。今回も引き続き外壁塗装をする際の注意点などのご紹介です。 5.工事の工程をはぶくと数年で塗装がはがれる ここまで何度か解説していますが、高圧洗浄、下地処理、養生など外壁塗装で必要な工程を省いて外壁塗装をできるだけ低予算でしようとすると、塗料がしっかりと外壁に密着せずに数年で外壁がはがれてしまうという失敗などを招く恐れがあります。たとえば、外壁塗装の為の予算がないからといって、2回しなくては行けない上塗りを1回しかしない。高圧洗浄を不要だと言って行わない。足場代がもったいないからはしごや脚立で作業をさせる。コーキング工事だけDIYでおこなうなどです。このような事はさけ、業者さんにすべておまかせするようにしましょう。相手が優良な外壁塗装業者であれば、色の希望などだけを伝え、工事の工程についてはその業者のやり方でやってもらうのが、塗料の寿命を十分に長引かせ、長い間外壁を保護する為に良い方法となります。先ほどから何度か述べていますが、良い業者は家の状況をしっかりと確認し、周りなどの状況も把握しながら、適切に工事をおこないます。客に必要以上のお金を請求し、不当に儲けるということはありません。それなのに予算の都合といって素人判断で安く済ませようと思うと、塗膜がしっかり外壁に密着せずに数年ではがれるなど、せっかくの工事がもったいないことになってしまうでしょう。また、悪徳業者、未熟な業者、手抜き業者は逆に「この工程は省くことでお得に出来る」などと、 そそのかしてくる可能性があるので、工事の工程に関してはしっかりと予習をしておきましょう。6.低品質のものを使う施工は家の寿命が縮める ■グレードが低い塗料は寿命も短いそこまで品質が高くないもの、たとえば、塗料のグレードで一番下に分類されるアクリル系塗料などを      使うという事です。グレードは耐久性とほぼ比例するので、安くてグレードが低い塗料ほど耐久性は低いといえます。一番人気があるのはシリコン塗料です。 確かにアクリル塗料よりは高額で、予算は多少上がりますがそこまで高くなるわけではありません。 しかし、耐用年数はアクリルの5年に対し、シリコン塗料は倍の10年~15年も持つのです。 そもそも使用塗料の代金が外壁塗装工事の全体に占める割合は2~3割ほどなので、そこが多少高くなったとしても、全体の工事費用にそこまで影響を及ぼす訳ではないので、予算とグレードを考えながら、フッ素、シリコンなど出せる範囲で出来るだけ長く外壁を保護してくれる塗料を選ぶようにしましょう。とにかく予算を安く、と言う事で最も安価なアクリル塗料にしてしまうと、5~8年で塗装が劣化してはがれてしま います。 外壁が守られている時間が短いということで、家はどんどん劣化していってしまうのです。塗料の種類には、フッ素樹脂塗料 シリコン樹脂塗料 ウレタン樹脂塗料 アクリル樹脂塗料と様々ありますが、実際にほとんどの工事は10年~15年持つという長寿命でかつ費用がそこまで高くないシリコン系塗料が使われる事が多いです。もちろん高品質なフッ素を使う事で外壁を長期間しっかり守ることができるので、家の寿命を延ばすことが可能です。しかしフッ素はその分高額な塗料となります。家の状況に合わせて適切な塗料を使用することが望まれますので、今現在の予算の状況を伝え、業者さんや専門家とどのような塗料を使うのかを相談しましょう。しかし、悪徳業者や手抜き業者はしっかりと守れば高品質なものが出来ると分かっていて工事費用を安くするために手抜き工事をします。そのような業者が作った低品質な塗料を外壁に塗っても塗りムラなどが出来てしまい、きちんと外壁を保護できません。しっかり密着もしないので数年で剥がれてきたり、チョーキング現象が起こったりといった不具合があらわれます。7.屋根だけ、外壁だけなどの「部分的な工事」は結局高くつく 外壁塗装を行う時は基本的には外壁、屋根と合わせて工事するのが一般的で、その方が足場代などをまとめることが出来るので安く済ませることができます。逆に外壁だけの塗装、コーキングの交換だけで工事を終わらせようとすると、外壁塗装工事の為に足場を組み、屋根の寿命が来た時に屋根葺き替えの為に足場を組む必要があるので、単純に2倍の足場代がかかります。外壁と屋根の塗装は出来れば同じ時期におこなうようにしましょう‼ 20万円ほどする足場代が一度ですむのでかなりの予算を節約する事が可能です。‼8.知識がない状態でのDIYは命の危険すらある 予算の都合で、外壁塗装の全て、もしくは一部をDIYしようとする方は多いです。しかし、外壁塗装工事はプロの外壁塗装業者が毎日何人も作業を行い、足場の設置、高圧洗浄、下地処理、塗装作業を手分けして行う事で効率良く作業できているのであって、DIYで素人が一人、もしくは二人といった少人数でできるほど、簡単なものではありません。プロなら2週間で終わる工事が、素人で少人数でやるなら三ヶ月~半年以上の時間がかかりますし、プロなら10年もつ塗装が、素人が塗ることで塗りムラが発生し数年後にもう一度塗らなくてはならないなど、メリットは安く外壁塗装を済ませられるという事以外ほとんどありません。定年退職等をして毎日が本当に暇な方か、塗装会社などに勤務しており、塗装の知識が豊富な方、そして塗装が趣味という方以外は絶対に安易なDIY塗装はおこなわないようにしましょう。ちなみにそれまで塗装をやったことがない方の場合、刷毛、バケツ、ローラー、塗料、マスキングテープ、養生シート、足場など全てを自分でそろえなければならないので、安さというメリットもない可能性があります。また現役の外壁塗装業者の職人でさえ、塗装工事中に安全対策をおこたり足場から落下する足場を持ちながら電線に接触する、などの死亡事故が起こることもあるぐらい               塗装工事は危険がたくさん伴う作業なのです。低予算で外壁塗装を済ませたいという気持ちはよく分かるのですが、安易にDIYをしようとするのは辞めましょう。まとめ外壁塗装は一度の出費としては非常に高額で、できるだけやすくしたいという方が多くいらっしゃいます。しかし、安全性や品質の高い工事にするため、ある程度の予算は必要で、はぶいてしまうと返って損をしてしまう可能性が高いのです。 少しでも気になった方は安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください! (2018.12.25 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報

外壁塗装業者選びのポイント(前編)広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

こんにちは‼広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です!いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今回は外壁塗装をする際の注意点などのご紹介です。 戸建住宅の外壁塗装は高額な工事なので、一度にたくさんのお金を必要とします。仮設足場、下地処理、下塗り、上塗りなど、50万円から100万円を超える場合もあります。そのリフォーム費用を積み立てしているならまだしも、具体的な工事時期を予期していなかった場合、予算を用意しづらい事もありますよね。ここでは、予算が少ないからといって絶対にやってはいけない8つの事についてまとめています。外壁塗装の為の予算をしっかりと確保して、安全の為にしっかりとした足場を設置する、塗料の耐用年数分外壁を守ってくれるなどの確実な工事にしましょう。 外壁塗装は「家を守る」ための絶対に欠かすことはできない工事なのです。家を保護する事で今住んでいる家により長く住むためにも、予算は毎月積み立てておくようにしましょう。具体的には、「10年に一度、100万円の外壁塗装工事をする」と仮定して、毎月8333円の積み立てをしておけば10年で100万円ほどになりますので、それを外壁塗装工事予算にあてれば良いのです。 1.外壁塗装をしないと家はダメになる  外壁塗装の予算が確保できないからということで、前回の塗装工事から(もしくは家を建ててから)十年以上経っても外壁塗装を考えない方が多くいますが、外壁塗装を後まわしにするようなことは絶対に避けましょう。外壁が劣化しているのにもかかわらず外壁塗装をしないということは確実に家をむしばんでいくことにつながります。 チョーキング現象の確認方法はこちらクラック(ヒビ割れ)や、コケ、カビ、チョーキング現象(壁に触ると白い粉がつく)など、目に見える劣化現象が外壁におこっているのであれば、「外壁塗装をした方がよいのではないか」と考える機会をつくることができるでしょう。しかし、クラックや汚れなどの具体的な劣化現象が起こっていない見た目が綺麗な外壁の場合、外壁塗装をしようという考えにはいたりにくいかもしれません。ただ、外壁塗装を10年以上しない状態で家を放置してしまうと、紫外線や雨風にさらされた外壁上の塗膜が劣化を繰り返し、保護されていない状態の外壁がむき出しになります。その状態でもさらに塗装工事をしない場合に外壁そのものが劣化してしまうのです。劣化するまでの期間は今塗ってある外壁の塗料の期待耐用年数(この年数が経ったら次の塗り替えを考えてください、というメーカーが定めた期間)にもよりますが、1つの目安として10年を考えておきましょう。 ■期待耐用年数の目安一般的な外壁塗装で使われる塗料の期待耐用年数は以下の通りです(家が建っている気候などの状況により変わります)。塗料の種類期待耐用年数アクリル系樹脂塗料 5~8年 ウレタン系樹脂塗料 7~10年 シリコン系樹脂塗料 10~15年                                      フッ素系樹脂塗料  15~20年10年に一度の定期的なメンテナンスや、点検は確実にする必要があるので、近所の業者さんにお願いしましょう。ちなみに塗装の寿命よりも早めに外壁塗装を行うと補修が少なく予算が安く上がるというメリットもあります。 2.相見積もりでさらに値切るのはマナー違反 外壁塗装工事にかかる費用をできるだけ減らし、低予算内で工事をしたいと思う気持ちは大切ですが、安くする方法にもマナーがあります。例えば、今現在、できるだけ安くする方法として最も適切なのが複数社に見積もりを一度に行う「一括見積もり」(もしくは相見積もり)という方法です。複数社に見積もりをしてもらったときにやってしまいがちなのですが、「あちらの方はもっと安く見積もりを出してくれているので、お宅ではもっと安くならないのか」と他社と比較して値切り交渉してはいけません!外壁塗装工事においては、客の家の家材、旧塗料で何が使われていたか、外壁の劣化状況はどのようなものかなど様々な要因から必要な経費を算出し、必要以上の利益を上げずに相場通りの予算で工事を行うのが良い外壁塗装業者といえます。つまり、優良な外壁塗装業者ははじめから適切な相場を見積もりで金額をだしているのです。そこでその見積もりを否定し、もっと安くしてもらおうと値切り交渉をしてしまうと、その外壁塗装業者はよく思わないばかりか、外壁塗装工事の各工程のうち、必要な部分から費用をけずってしまう場合があります。具体的にいうと、必要な部分から費用を削ってしまうと、業者も工事に必要な予算を確保出来ず、結果として手抜き工事となってしまう可能性があります。「手抜き工事なんてしたくないけど、お客様が望むなら仕方ない」という事で、二回しなくてはいけない上塗りを一回にする高圧洗浄にあまり時間をかけないなど工事時間を減らす足場レンタルの場合は一日でもはやく返却できるよう工事時間を無理して減らすそのほか必要な人件費を減らすなどの経費削減をしてしまうのです(上記は極端な例ですが、なくはない内容です)。外壁塗装工事は時間や予算をかけるべきところにかけて安全を確保しながらおこなう必要があるのに、安全を確保できなくなる可能性もあります。例えば、交通指導員を予算の都合で配置しなかった場合、交通事故に発展してしまう可能性もありますし、家主に直接危害が及ぶ可能性もあります。また、足場なども最も安価な単管足場と呼ばれる危険なパイプだけの足場を使用し、転落してしまう可能性もあります。安全に確実な作業をしてもらうためにも、必要以上の値切りを行うのは絶対に避けましょう。「この見積もりは本当に適切なのだろうか」と思われる方は、ヤネカベ にむらにご相談下さい!3.格安業者にお願いするのはきわめて危険 外壁塗装業者の中には格安で工事を請け負ってくれる格安業者というものが存在します。通常70~80万円はするであろう工事なのに、30~40万円しかかからないなどや、「明朗価格」「納得価格」などと銘打って、「工事料金が一律400,000円」などのコミコミプラン料金を用意している業者が格安業者と呼ばれます。外壁塗装は元々の価格が高額なので、格安なほどよいと思いがちですが、安くするには必要な部分を削るしかなく、格安の業者は必要な工程をきちんとおこなっていない可能性があるのです。格安外壁塗装業者が謳っている「外壁塗装を格安で出来る理由」としては主に大量仕入れにより材料費を安くおさえている訪問営業などのシステムを削り、人件費をおさえているなどがあります。しかし、これらの理由は格安で行う理由としては不十分です。外壁塗装用の塗料は大量仕入れでそこまで安くなるものではなくメーカーからの仕入れ単価はだいたいの業者であまり変わりません。また、今はほとんどの業者が訪問営業のシステムは導入していませんし、そもそも人件費は各都道府県で定められた最低賃金というものがあるので、それ以上安くすませることはできません。それでも格安にしたいのであれば、塗料を安くたくさんの面積に塗る為に必要以上に薄める資格等を持っていないアルバイトに塗装をさせる業務用の威力十分な高圧洗浄機ではなく家庭用の安い高圧洗浄機を使うなど、最低限必要な部分をさらにけずって手抜き工事をおこなうしかありません。もちろんこのような工事をされてしまうと、塗装は10年ももたず、はやい段階でもう一度塗装が必要になります。安くて安心できる業者の見分け方はこちらちなみに格安業者、コミコミプラン価格の業者は目先のエサとして「工事価格に少しプラスするだけで10年保証!」などの保証期間を長く設定しているようにみえる業者もあります。ただ、それらはほとんど内容が伴わないような保証なので、信用しないようにしましょう先にも述べましたが、客の外壁の材料や今現在の状態に応じて適切な見積もりをだし、その見積の通りに塗装を行うのが良い業者です(床面積だけで適当に塗装面積を決めるような業者は問題外です)下地の処理が大変なら大変なほど本来は費用が発生するのですが、コミコミプラン価格といのはそういう現在の外壁の状況を無視して全員一律の価格になったものなので、価格相場にあった金額ではない可能性が高いです。コミコミ価格の格安料金で業者さんに安易にお願いすることは避けておきましょう。ただ、もちろん格安業者=手抜き業者という訳ではありません。 4.時間がないからと焦って契約は悪徳業者の思うつぼ 外壁塗装工事をする業者を選ぶ際には、ゆっくりと余裕を持って選ぶ事が求められます。外壁塗装の状況を正しく把握出来ずに、できるだけ急いで工事した方がよいと焦って契約しまうのは悪徳業者の思うつぼです。悪徳業者は「直ちに外壁塗装工事を行わないと家が雨漏りしてしまい、住めなくなってしまいますよ」と、すぐに契約するように迫ります。しかし、外壁の状況はゆっくりと変わっていくもので、一ヶ月ほどで急激に変化するという事はほとんどありません。悪徳業者は焦る心につけ込むのが非常に上手な上、予算をできるだけ安くしようと思う人の心にもつけ込んできます。例えば、「通常なら屋根と外壁のリフォームは200万円のところ、本日中に契約してくだされば100万円にします!」といわれた場合、非常に安く感じて契約してしまうかもしれません。そこで実際に契約してしまう方がいらっしゃいますが、その悪徳業者がおこなう工事は100万円でも高すぎるほどの手抜き工事である場合がほとんどです。中身が全くない工事に100万円を支払い、後から消費者センターなどに相談にいくという悪徳業者の被害は、リフォーム業界だけで毎年6,000件以上にのぼります。悪徳業者の割引き理由としてモニター価格ですあなたの家を塗ることによって地域の広告になるので営業に使わせてもらう足場を安く手に入れられるなどなど様々な理由をあげられるかもしれませんが、あせってその場で契約することのないようにしましょう。 少しでも気になった方は安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください!   (2018.12.18 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報

【バルコニー防水工事】とは⁉なぜやらないといけないのか⁉広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら

こんにちは‼ 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら営業担当の岩男です! いつも現場ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 さて‼今回はブログはバルコニーの防水工事です‼  バルコニーも定期的なメンテナンスが必要です、防水効果が切れていると・・・ 雨水がお家の内部に入り、雨漏りしたり最悪の場合は躯体が腐食したりします。 その為、メンテナンスが不可欠になるんですね‼ ここからは防水工事の種類のご紹介です‼     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ バルコニー防水工事の種類【費用/工期/耐久性】 ベランダ防水工事をする際、以下の4つが施工方法として一般的です。各方法によって、かかる費用や耐久性が異なってきます。 ベランダに用いられる方法としては、FRP防水とウレタン防水がお勧めです。もちろんシート防水やアスファルト防水にもメリットがありますから、施工をご検討の際は是非ご相談くださいませ! 1バルコニーで一般的なFRP防水 繊維強化プラスチック(FRP)を使った防水工事です。現在の新規住宅のバルコニーはほとんどがこのFRP防水です。 メリット 高い防水性、耐熱性、耐久性を備えています。 硬化速度が速いので、工事は1~2日で終了する場合が多くなっています。  デメリット 伸縮性が無いので、紫外線が長期間当たったり、地震などで建物が揺れるとヒビが入ってしまいます。 定期的に表面を塗り替える必要があります。 2どんな場所にも対応できるウレタン防水塗装 ウレタン樹脂塗料を塗る防水工事です。あらゆる場所を塗装することができます。 メリット 現場で仕上げる工法のため、複雑な形状のバルコニーを含め、すべての場所に適しています。 作業工程が簡単で、短時間で終わらせることもできます。 デメリット 人の手で塗るために完全に均一になりにくく、経年による劣化と亀裂に弱いため、約5年ごとに表面を塗り替える必要があります。 3屋上の防水に向いているシート防水 防水シートを粘着テープや接着剤などで下地に貼りつけて防水します。主に屋上のような人目につかない場所の防水に用いられます。 メリット FRP防水と比べて費用を抑えることが出来ます。伸縮性があるため、下地の亀裂にも柔軟に対応することができます。 デメリット 薄いシートなので損傷しやすいです。接着させるために下地が平らである必要があります。複雑な形状の場所には用いづらいです。 4アスファルト防水 合成繊維不織布にアスファルトを含ませ、ルーフィングという防水シートを貼り重ねていく工事方法です。主に、屋上のような人目につかない場所の防水に用いられます。 メリット 防水性能を確保しやすく、コストもそれほどかかりません。耐用年数が長いので、メンテナンスの回数を減少させることができます。 デメリット 高熱でアスファルトを溶かすので、工事中に臭いが発生します。幾層にもシートを重ねていくので、工事の手間が掛かり、工期も長くなりがちです。 いかがだったでしょうか? 前回防水工事したのいつだっけ?そう思われた方は一度相談してみて下さい! 少しでも気になった方は 安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装 ヤネカベにむらにご相談ください!   (2018.12.11 更新) 詳しく見る
豆知識新着情報
1 / 3123