ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

カテゴリーでフィルター

外壁塗装のベストシーズン(前編)

こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付担当の柏です! 私は毎年この時期、梅雨が嫌で仕方がないのですが、もう少しの辛抱というところでしょうか(>_<)   だんだんと湿気や暑さで体に不調の出る時期です。 皆様、ぜひご自愛なさってくださいね! 湿気と暑さに負けないよう頑張りましょう!     さて、今日のテーマは「外壁塗装のベストシーズン(前編)」です! 皆様は外壁塗装するのにどの季節が適切かご存知でしょうか? 今回は、それぞれの季節で外壁塗装工事をするメリット・デメリットをお伝えできればと思うのですが そもそも外壁塗装をするメリットとはなんでしょうか。   【外壁塗装のメリットって?】 外壁塗装の時期が来たから塗装をしなくてはいけない、という事ももちろんありますが、 外壁塗装をすることのメリットもあるんです! ①外壁を補強し、劣化を防ぐ ②雨漏りなどの水の侵入を防ぐ ③家を長持ちさせる ④トータルの補修費用を抑えられる ざっくりとですがこのように、さまざまなメリットがあるんです!     それでは、外壁塗装のベストシーズンを見ていきましょう!   【外壁塗装のベストシーズンはいつ?】   *春 メリット:気温・湿度ともに安定している。 デメリット:春雨前線により雨となる可能性がある。   *梅雨 メリット:業者の予約が取りやすく、金額が安価になる可能性がある。 デメリット:梅雨前線による長雨の可能性がある。   *夏 メリット:晴れの日が多くなる。 デメリット:台風・ゲリラ豪雨が通過する可能性がある。また、塗装工事中は窓を開けられないため、エアコンが欠かせない。   外壁塗装に適した時期は、気温が一定以上で空気が乾燥している季節が望ましいとされています! ですので、雨の多い梅雨時期でも天候に問題が無ければ工事可能ですし、天候が比較的安定している春・秋でも外壁塗装工事が出来ない場合もあります。   「それだといつ工事を頼めばいいの?」という事なのですが、、、                     次回!!、、、、、お楽しみよ。。。(笑) 続きはまた来週、更新させて頂きます! 来週は「外壁塗装ベストシーズン(後編)」をお届け致しますのでお楽しみに♪   安佐南区の外壁リフォーム&外壁塗装なら ヤネカベにむら にご相談ください!       (2018.07.08 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装のチラシ ポイント part3

こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベにむら 受付の柏です!   今日は七夕ですが、ここのところ続いている豪雨で天の川は見られそうにありませんね(;Δ;  ) 皆様は被害、ありませんでしょうか?💦 冠水している地域、通行止め等あちこちで影響が出ておりますが、 まずは皆様の身の安全を十分に確保してくださいね!   それでは、今回は「適正価格で安心の施工を依頼する!」をテーマに 外壁塗装のチラシについてお話させていただこうと思います。   外壁塗装工事というのは決して安価な工事ではありません。 だからこそ、安さばかりが強調されたチラシは要チェックです! 本当にその価格で納得の施工をしてくれるのかどうか、冷静にチェックする必要があります。 チラシに記載されている内容に加え、しっかりと情報収集を行う事で、 チラシの記載内容が安心できるものかどうか判断してみてくださいね!   それでは、具体的にどこを見たらいいのかポイントをお伝えしていきます     【ポイント① どんな外壁塗装業者なのか】 近年は、外壁塗装と言っても大手業者からホームセンターまで数多く存在します。 例えば、実績を重視した選び方をする場合、この場合のメリットは、実績豊富だからできる保証やトラブル時の対応がしっかりしていることがあると思いますし、反対にデメリットとして、地元の外壁塗装業者よりもコストが高くつくことも考えられます。 だからと言って、地元業者に依頼する方が効率的かというと、そうとも言えないのが事実。 価格とサービス内容を確認してトータルで判断する事が大切ですよ!    【ポイント② 商品力がわかるものかどうか】 商品ごとの価格とその違いが明記されているか  チラシを見るとついつい期間限定のキャンペーン価格などに目が行きがちですが、 まずは主力商品ごとの価格、それからその違いが明記されているかを確認してみてください。 リーズナブルなものだけをウリにしているのではなく、 比較・検討するための情報が明記されているかチェックしていきましょう。   選べるプランが目的に応じて複数用意されているか 使用する塗料はいくつかの選択肢が用意されているかどうかチェックするのも重要です。 手軽さを求めるのか、耐久性を求めるのかで塗料も変わってきますので、 目的に応じて対応できるかがわかるチラシだと尚良いですよね!   主力消費に外の情報ももれなく掲載されているか 主力ではない商品情報も裏面などに記載されているかどうかもチェックする必要があります。 他にも施工後のアフターケア・メンテナンス等、 サービス内容についても掲載されているか見ておくようにすると良いですね!   という事で、今回はチラシの見方のポイントをお伝え致しました! ヤネカベ にむら のチラシでご不明な点、気になる点等ございましたらお気軽にお問合せ下さいませヽ('∀'*) 是非、屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら にご相談ください! (2018.07.08 更新) 詳しく見る
豆知識
外壁塗装のチラシ ポイント part2

外壁塗装のチラシ ポイント part2

      こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     っという見出しも今回で最後かな~ 今回までヤネカベにむらのブログ更新等をしておりましたが 次回からは私(川地)ではなく、 柏 という方が引き続き更新をしていきます! よろしくお願いします🌼     さて、前回のおさらいをしていきたいところではあるのですが… なんと今回のpart、内容がしっかりめですので おさらいの方は省略させてください!!       今回お話する内容は 「商品力がしっかり伝えられているか!」についてです。     チラシに期間限定のキャンペーン価格等が大々的に打ち出されていると、 ついついそこに目が行きがちです💦 しかし 外壁塗装の依頼価格は決して安いものではありません! 適切な価格かどうかは勿論ですが、塗料の品揃えやサービス内容が分かりやすく伝えられているかどうか等 じっくりとチェックしましょう!         ①商品ごとの価格とその違いが明記してあるか   チラシをチェックする際は、主力商品ごとの価格やその違いがきちんと明記しているかどうか確認してください! 単に安い価格だけで訴求しているのでは無く、個々の商品にはどういった違いがあるか等、 比較・検討できる情報が掲載されているかをチェックしましょう!     ②選べるプランが目的に応じて複数用意されているか   使用する塗料にたくさん選択肢が用意されているかどうかチェックするのも重要です。 手軽に外壁を綺麗にしたい場合と、耐久性を求めて外壁塗装する場合では、使用する塗料も異なります! 目的に合った塗料が選ばれなければ、満足のいく外壁塗装の工事は実現できません! 複数のプランがある中から、選べられるチラシ内容になっているかどうかも重要なチェックポイントです!     ③主力商品以外の情報ももれなく掲載されているか   主力ではない商品情報も裏面に掲載されているかどうかもチェックしてください! 他にも、「10年保証付きで安心!」など施工後のアフターケアについての情報が掲載されているかどうかもチェックしましょう。 チラシは価格を伝えるだけで無く、外壁塗装業者としてのサービス内容を伝えるのも目的の一つです! 安心して施工を任せられる業者かどうか、チラシの掲載内容から判断するようにしましょう! また、 工事範囲がどこまでなのか等、チラシに掲載されている価格をパッと見ただけでは、 家の壁面を全て塗ってもらえるものだと勘違いしてしまうケースも中にはあります。 掲載されている価格の工事範囲がどこまでなのかチェックするのもポイントの一つです。 なぜなら チラシの価格に外壁塗装工事のすべての費用が入っていない事がある為です。     ④工事範囲のチェックポイント   外壁塗装で「家の壁面を全て塗る価格」として含まれているべき工事内容は、 「足場の養生費」「洗浄費」「外壁塗装工事費」「付帯部塗装費」等です。 これら全ての工事を請け負ってくれる価格かどうかチェックは欠かせません!   ところで皆さん…   「付帯部塗装費」の文字だけを見ても、家のどの部分を指しているのかピンとこない人も多いのでは? 付帯部塗装は実は外壁塗装価格のうち多くの部分を占めています。 具体的には、次のような部分にあたります。   紫外線を受けて色落ちが目立つ軒樋・堅樋 家屋の外側に使用されている木部 錆が発生しがちな鉄部 スチール製の雨戸やシャッターボックス、戸箱など 軒天と呼ばれる屋根の軒裏 水の侵入を防ぐゴム状のコーキング   これらが付帯部と呼ばれる部分にあたります! 外壁塗装という商品名の為に外壁を塗る事だけをイメージしてしまいがちですが、 家の外壁には付帯部もあるということを意識し、それらが工事に含まれているかどうかチェックしましょう!       細かな区切りで言いますと以上が内容です! どうでしたでしょうか? 立派なデザインのチラシだからと言って安心するのではなく、 チラシのコストも工事費に影響している事を意識して見てみましょう!       それでは次回、お話する内容は 「適正価格で安心の施工を依頼する!」についてお話したいと思います!       地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!             (2018.06.30 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装のチラシ ポイント part1

    こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     明日は私自身休暇になっておりまして… そう思ったら 気分が上がっております! 今日1日頑張って参りましょう♪     さて、今回から新しいpartに入っていくわけですが、 皆さん! 外壁塗装工事について情報を集めていると、 外壁塗装業者からのチラシ等 目に留まることもあるかと思います!   そんな時   「キャンペーン実施中」や「安くなります!」などなど キャッチコピーばかり注目してしまい、 どの業者に外壁塗装を任せれば良いのか迷ってしまった経験はありませんか??   また、   「こんなにも安くなるの?」と疑問に感じるチラシもチラホラ…(笑)   なので   今回のpartでは安心して外壁塗装を任せられる業者選定に役立つ、 チラシのチェックポイントをご説明いたします!   まず!   今回お話する内容は 「まずはどんな外壁塗装業者かをチェック!」です!     外壁塗装のチラシを配布しているのは、大手業者やホームセンター等複数あります。   ※ 因みにヤネカベにむらも配布しております✨ ※   実績豊富な大手業者なら、 保証やもしものトラブルの対応がしっかりしているという点で メリットではありますが、 地元の外壁塗装業者と比べると費用が高くつくケースもあります!   だからといって   地元業者に依頼する方が効率的かというと、一概にそうとも言えません…💦   地元業者の中から優良な外壁塗装業者を探す為には、 情報収集に労力がかかってしまいます!   また   大手業者の方がアフターメンテナンスのサービス機能が充実しているケースもある為、 価格とサービス内容をトータルで判断する必要がありますね。   リフォーム業者やホームセンター、営業会社に 外壁塗装を受注した場合、 塗装業者に施工の案件を紹介する仕組みになっている事が一般的です。 紹介科としてマージンが発生する為、価格が高くなるケースがあるのです💦 それぞれの業者によって価格の仕組みも違えば、 サービスの内容も異なってきます。   その為   外壁塗装のチラシを手にした時は、 どんな外壁塗装業者が配布しているチラシなのかを見極め、 なぜこういった価格になっているのか きちんと理解した上で業者選びをする事をオススメします!       どうでしたでしょうか? チラシの他にも最近ではインターネット等で情報収集する事が増えていますが、 見ただけでは判断できない所が実際問題多いかと思います! その時は 気になった業者にお問合せしてみて聞くというのも一つの手かと思いますね!   次回お話する内容は 「商品力がしっかり伝えられているか!」についてです。       地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!           (2018.06.28 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装の塗替え工事の必要性 part6

      こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     今日は2回!連続投稿したいと思います!✨ なんとなんと このpartも今回で最終章になりました。   最後のpartでお話させて頂く内容は、 「外壁塗装は必要なランニングコスト」について お話したいと思います!♪     外壁の塗替えは、決して安価ではありません。   ただ   高いお金をかけるだけの見返りは十分に期待できます。   美観を維持することは勿論、 家の耐用年数が伸びることで住宅自体の資産価値も高まります!   その為   外壁の塗替えを検討する際は、 価格相場を耐久年数に応じて分割するのも良いかもしれません。   例えば   価格が80万円の外壁塗装を10年間で分割すると、 月々6,000~7,000円の積立金が掛かると同時に それを ランニングコストとして考えることも出来ます!   塗装の劣化が進むと塗替えだけでは済まず、 外壁塗装の価格より桁が1つ多い 「高額なリフォームを余儀なくされる」場合もあるので   まずは 塗装業者に連絡することをオススメします!🌼     以上で今回のpart、 「外壁塗装の塗替え工事の必要性」については終わりになります!   色々お話ししたかとは思いますが それでも どこか不安だなぁとか、本当に大丈夫かなぁと 疑問に思われる方も中にはいるかと思います!!   そんな時は、 ヤネカベにむら にお任せ頂けたらと思います! 全力でお客様のお役立ちできますよう、 務めて参ります!!     地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!             (2018.06.26 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装の塗替え工事の必要性 part5

    こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     天気が悪くなるときは 本当に湿気が多くてムシムシして嫌です… ですが、 頑張って元気出していきましょう!     いつものように前回の続きからおさらいして行きましょう!♪   前回は「各種塗料の耐用年数と特徴」について お話ししたかと思います♪   ①~⑤まで、 塗料と外壁材の一覧を長々をご説明したかと思います!💦   読むのも苦労でしたよね! 申し訳ございません!!     では、今回お話する内容は 「外壁塗替え後のメンテナンス」についてお話したいと思います!     塗替え後は定期点検をはじめ、 施主側が実践しやすい簡単なメンテナンス方法を教える等 「無料アフターフォロー」を実施する塗装業者もいますので、 確認してみると良いでしょう🌼     外壁の汚れは塗料の劣化を進めてしまう原因になる為、 自分自身で出来る日々のメンテナンスも大切なのです!   土ホコリをそのままにしておくと、 場所によっては藻やコケ、カビ等の原因となってしまいます。 なので 日の当たらない場所や雨が多く湿度の高い地域は コマめにチェックするようにしましょう!   見つけたらブラシや柔かいスポンジで 優しく水洗いをして落とします! 特に カビは放置しておくと 水を侵入させてしまう場合もあるので注意が必要です!     どうでしたでしょうか? せっかく綺麗になった外壁ですから、 自分一人でも出来る簡単なメンテナンスから実践して行く事をオススメします!   次回は「外壁塗装は必要なランニングコスト」について お話したいと思います✨     地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!             (2018.06.26 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装の塗替え工事の必要性 part4

      こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     暑い!! 今日は天気予報でも言っていましたが、 真夏日の様な日ですね! いきなりこんなに暑くなると、 体調を崩してしまいがちです…💦 皆さん、お身体にご自愛くださいませ!     さて!     いつものように前回の続きからおさらいして行きましょう!♪   前回は「外壁塗装を依頼する際の注意点」について お話ししたかと思います♪   注意する項目としては、 価格相場や作業工程、保証などがありましたよね!   これら3点を注意していくことで 中には心無い業者もいる為、 その一手間が高額支払いや手抜き作業を防ぐ事に繋がりますよ~   という説明をさせて頂いたかと思います✨   では、   今回お話しする内容は 「各種塗料の耐用年数と特徴」についてお話したいと思います♪   外壁塗装で主流と言われている、 5種類の塗料と外壁材の「耐用年数・塗替え時期」を 分かりやすいように一覧でまとめてみました! 特徴と合わせてご覧ください🌼     塗料   ①アクリル系塗料 / 耐用年数5~8年  5種類の中でも最も安価なのがアクリル系塗料です。  耐用年数が短い・汚れやすい・美観性に劣るというのが特徴です。  「手軽に済ませたい方」や「マメに塗り替えたい方」にはオススメかもしれません!   ②ウレタン系塗料 / 耐用年数8~10年  シリコン系塗料より安価な分、色あせなどの防汚性は劣ります。  が!!汎用性が高い事から「場所を選ばず使用できる」のが特徴です。   ③シリコン系塗料 / 耐用年数10~15年  紫外線や汚れに強く、美観性が高いシリコン系塗料。  価格と塗料寿命のバランスも良い為、高いコストパフォーマンスが特徴です。  外壁塗装業界では、主流と呼ばれる塗料の1つです。     ④フッ素系塗料 / 耐用年数15~20年  シリコン系塗料に比べると割高。  が!!高い耐久性と美観性を持つのがフッ素系塗料の特徴です。  耐久性重視という場合は、フッ素系塗料をオススメします!     ⑤クリア塗料 / 耐用年数12~15年  性能はほぼシリコン系塗料と変わりません。  名の通り「透明」なのが特徴。  既存の外壁の雰囲気を残したい時等に使われます。       外壁材   ①モルタル / 塗替え時期8~10年  セメントを中心に石灰・砂・水を練り混ぜて作る素材です。  施工しやすくコストも安価なのが特徴。  防水性が弱まると劣化の進行が早まり、結果ひび割れを起こします。   ②窯業系サイディング / 塗替え時期7~10年  主な原料であるセメント質と繊維質を板状に形成した素材です。  デザインが豊富な事からサイディングでは主流と呼ばれる外壁材。  サイディングよりシーリングの方が先に劣化します。   ③金属系サイディング / 塗替え時期10~15年  スチールやアルミニウム等を原料とする金属鋼板です。  断熱性・防火性・耐久性に優れている他、軽いのが特徴です。   ④ALCボード / 塗替え時期8~10年  コンクリートを軽量気泡化してあるのがALCボードです。  金属系サイディングと同様、断熱性・耐火性・耐久性に優れています。   ⑤コンクリート壁 / 塗替え時期15~20年  水・セメント・砂・砂利を練り混ぜて作るのがコンクリート壁です。  5種類の中で最も強度がある一方で  経年劣化によって防水効果が切れた場合、専門的な改修を必要とする事も…。       以上になります!長かったですね! どうでしたでしょうか? 次回は「外壁塗替え後のメンテナンス」についてお話したいと思います!     地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!       (2018.06.26 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装の塗替え工事の必要性 part3

    こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!     月9が始まり、 毎週月曜日が楽しみで仕方がありません! 皆さんはドラマ観ていますか? 何かオススメのドラマがあったら教えてほしいです👏       さてさて、 前回のおさらいからいきましょうか!   前回のpartでお話した内容は「外壁塗装の塗替え時期」について お話したかと思います。   劣化症状が出てからでは遅く、 外壁塗装における塗替えの時期は約7~8年を目安に 塗替えを検討する!   という内容だったかと思います✨     では、     今回のお話する内容は 「外壁塗装を依頼する際の注意点」についてお話したいと思います♪     外壁塗装を依頼する際には事前に価格相場や 作業工程、保証などについて調べておきましょう!   中には心無い業者もいる為、 その一手間が高額支払いや手抜き作業を防ぐ事に繋がります。     外壁塗装の価格相場   外壁の塗替えにおける価格相場は、塗料や延床面積によって上下します。     作業工程   作業内容を把握しておくことも手抜き工事防止にもなります。 作業の流れは基本的に以下のようになります。   足場組立→洗浄→養生→下地処理→塗料→塗装(付帯部)→足場解体・清掃→完工   ※漏れがないか等、  見積もり時にチェックするようにしましょう!     ※それぞれ保証範囲や年数、保証内容や掛かる費用も違う為、  よく確認するようにしましょう!       以上になります🌼 どうでしたでしょうか? 次回は「各種塗料の耐用年数と特徴」をお話したいと思います!     地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!         (2018.06.25 更新) 詳しく見る
豆知識

外壁塗装の塗替え工事の必要性 part2

こんにちは! 広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベ にむら 受付の川地です!   皆さんは今話題のW杯観ていますか? 私はスポーツにあまり興味が無く、 W杯もちょこちょこしか観ていません…😅 しかし! スポーツに詳しい方から「今こんな感じよ!」と言われると 興味が湧いてくる変な奴です(笑) W杯の事も知りたいと思っているので、どなたか教えてください😂💦       余談はこの辺にしまして…       さて、今日のpartに入る前に前回のおさらいから行きましょう!!   前回は、「塗替えのメリットと重要性」について お話したかと思います!   結論は、外壁塗装の塗替えをすることによって 黒ずみが除去できたり、 紫外線をカットする塗料を使う事もできて、 さらに 「原状回復したような外壁塗装に戻る」美観の維持もされる事ながら、 凍害対策用の塗料や下地を守る防水工事も施せるので、 大掛かりなリフォーム工事の回避にも繋がる!   でしたね✨     では、今回お話しする内容は 「外壁塗装の塗替え時期」についてお話ししたいと思います!     外壁塗装における塗替えの時期は、 新築時から約10年が目安だと言われる事が多いのですが 実際には7~8年程で塗替えが必要なのです!   外壁は劣化してくると様々な症状が出始めてしまいます。   目で見て分かるほど劣化が進んでしまった状態では、 すでに塗替えには遅いタイミングなのです。     以下のような劣化症状を見つけたら すぐに塗装し直す事をオススメします🌼     ①チョーキング 壁面に白いチョークの様な粉が浮き出て、 指で触ると粉が付着する現象。     ②クラック 塗料だけでなく、下地までもヒビ割れしている状態の事。 外壁の劣化にも繋がり兼ねない大変危険です!     ③色褪せや汚れ 紫外線にさらされた事によって、塗料本来の色味が失われている状態や、 汚れている場合も塗料の機能が低下しています。       以上の様なサインを見つけてから塗装し直せば良いと考えず、 塗装後7~8年で塗り直すようにしましょう👏     どうでしたでしょうか? 次回は「外壁塗装を依頼する際の注意点」についてお話したいと思います!     地域密着の安心施工とアフターメンテナンス対応! 屋根・外壁の事なら ヤネカベ にむら にお任せ下さい!!         (2018.06.25 更新) 詳しく見る
豆知識
1 / 3123