ヤネカベにむらの現場ブログヤネカベにむらの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > ヤネカベにむらの現場ブログ > 豆知識 > 天窓の特徴 part1

天窓の特徴 part1

豆知識 2018.09.23 (Sun) 更新

 

 

 

こんにちは

広島市安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装専門店 ヤネカベにむら 

受付担当の川地です。

 

 

 

 

 

また1週間ほど雨が続くようですが、

皆さん屋根からの雨漏り等対策は大丈夫ですか?

 

今回からお話しさせて頂く内容ですが、

屋根は屋根でも天窓トップライト)について

お話しさせて頂こうと思います!

 

 

 

 

 

皆さんご存知でしたか?

天窓トップライト)はよく雨漏りが生じやすい部位なのです。

 

天窓の雨漏りに関して、

注意してほしいポイントや最新の天窓情報等を

お話しさせて頂きます!

 

 

まず最初にお話ししたい内容は

注意したい3つのポイントについてお話しさせて頂きます!

 

 

 

シリコンの増し打ちで雨漏りが直るケースが多い

 

 

 

 

 

 

天窓の雨漏りにはいくつかの原因が挙げられますが、

全体の約半数ほどがコーキングの穴によるもです!

 

具体的には

 

室外側の天窓の窓枠で使用されるゴム製のパッキン部分の穴剥がれです。

 

この場合、

 

コーキングを増し打ちにする事で雨漏りが直ります。

 

コーキング補修で改善が無い場合には

雨仕舞板金や屋根瓦の不具合により雨漏りが発生している可能性が高いです!

 

 

 

結露と雨漏りを見極める

 

 

 

 

 

 

天窓は結露が発生しやすい部位です。

 

よく

 

結露による水漏れを雨漏りと勘違いされる事があります。

 

結露による水漏れは雨漏りと同様の悪影響を及ぼしますが、

結露対策を講じる事で対処できる事があります。

 

 

 

 

天窓だけを交換する事は難しい

 

 

 

 

 

 

経年劣化による雨漏りが明らかな場合は、

天窓自体を交換する必要があります。

 

ただし

 

天窓だけを取り外して

新しいものに交換する事は基本的には出来ません

 

既存の屋根との取り合い部分がある為です。

 

天窓周囲の屋根瓦を剥がして交換する事も可能ですが、

足場工事を伴う事もあり、

大掛かりな工事になります。

 

言い換えれば、

 

天窓は屋根の一部であるという事です。

 

天窓交換工事の見積書を見て、

予算オーバーであり工事を控えるお客様は実際に多くいます。

 

その為

 

天窓は屋根の寿命に合わせて、

屋根と同時のリフォームを検討する事が最も高い費用対効果が得られます。

 

 

 

 

 

 

今回のお話は以上です!

いかがでしたでしょうか?

 

次回も引き続き天窓もついてお話しします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次回もお楽しみに!

 

 

 

少しでも気になった方は

安佐南区の屋根リフォーム&外壁塗装は ヤネカベにむら にご相談ください!